【連載】胴長短足1の④胴長短足もカッコイイ

2010.07.10
「なぜ日本人の体型は胴長短足だったのか」1の④
・胴長短足もカッコイイ

高齢の人の体型は、胴長短足の体型に近いですが、姿勢や所作が綺麗です。若い人の体型は、手足が長くバストやヒップにめりはりのある体型ですが、姿勢や所作がどうも綺麗じゃありません。身体の組織自体の強さ(骨や靭帯の強度、筋肉の弾力性など)や筋力は、もちろん若い方の方が強いでしょう。

しかし、若い人はそれを上手く使えていません。高齢の人のほうが上手く身体を使えていると思うんです。解剖学者の養老孟司先生は、『養老孟司の<逆さメガネ>PHP新書』の中でこうおっしゃっています。

「日本の首相がサミットに出る。テレビで見ていると、なんだかみっともない。
そういっては失礼ですからいわないが、なんとなくそういう感じがする。これを以前は
スタイルのせいにしました。男なら、日本人は背が小さいからね、女なら、大根足
だからね。それが日本人の言い訳です。八頭身という言葉もかつて流行しました。
これは考え違いですな。日常の所作、体の使い方がわからなくなるとみっともなくなる
のです。型がない。そういってもいい。昭和天皇はいまの基準では小さい人でしたが、ちゃんとしてましたな。つまり『様になってた』んです。若い人たちが『カッコイイ』といいますな。あれもそうでしょ。様になってるわけです。それはじつは型、身体による表現なのです。それは世界中どこででも通用するんですよ。」

調べてみると、昔の日本人の身体って実に綺麗なんですね。体型は胴長短足なんですが、とても様になっています。下の写真は『ボンジュールジャポン フランス青年が活写した1882年 ウーグクラフト 著 後藤和雄 編』から引用したものです。写真左の、左の人物は力士で右は車夫だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年の今から128年前(明治15年)の日本人の身体です。この写真を見ると胴長短足な体型もなかなか捨てたものでは無いな、感じます。現代の日本人は、胴長短足の体型を
何だか格好悪く感じてしまいます。しかし、昔の日本では胴長短足の体型が美しいと
されていたようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました