手の味

先日の土・日曜に「防火管理者講習」を受けるために千葉市中央消防局
へ出かけた。

講習のお昼休みに近くのパン屋さんのパンを食べた。中年の夫婦の方が個人で
営業しているパン屋さん。

目新しいパンはなかったけれど、しっかりと小麦の味がして美味しかった。
作っている人の手の味もちゃんと感じて何だか気分が和らいだ。

コンビニや大型チェーン店の食べ物には手の味を感じないから、簡単に残せるん
だろうな、と思った。

手の味を感じるのって大切なことだと思う。
実家の祖母の料理は、たまに手の味が強烈すぎて食べるのがツライことがある。
でも食べているうちに慣れてしまう。
(お年寄りの料理は手の味がとても強い気がしますが、なんででしょうかね。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました