過負荷の原則

スポンサーリンク

トレーニングの原則に、『過負荷の原則』というものがある。現状の
体力レベルよりも、少し負荷の大きい運動を行わないと体力が
上がっていかない。

ランニング以外でも日常で負荷をかけるように心がけていることがある。

ランニング
・週に5km×3回を、10km×2回に
・週に10km×1回を、20km×1回に
・月間100kmを、150kmに
(4月当初は200kmの計画でしたが、修正しました。)

ブログ
・絵文字を使わない
・写真で説明しない

もともと文章を書くのが上手くなりたくてブログを始めたので、なるべく
文字だけで表現できるよう意識して書いています。

治療
・白衣を着なくても信用を得られる
・痛みの原因を、『炎症』、『使い過ぎ』、『加齢』という言葉で
 簡単に処理しない

白衣を着ると、患者さんが割と簡単に話を信用してくれる。
昔、当時23歳とかそこらの若造の話をけっこう熱心に聞いてくれたのを
覚えていて、白衣の威力ってスゴイなと感じた記憶がある。

負荷が重すぎてツブれるのはよくないですけど、適度な負荷って
大切だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました