18歳の自分

今、すとれっち塾で大学生の治療とコンディショニングを担当しています。
19歳の大学1年生(もうすぐ2年生)、競技は野球をやっています。
右殿部の痛み、股関節を曲げた時のツマリ感があり、ランニングもまともに
できない状態だとのことでした。

上級生よりも実力は上だという自信があるのに、全力で練習に打ち込めず、
もどかしい心境のようでした。競技を引退しようかと本気で悩んでいる
とのことです。
サッカーをやっていた私は、18歳の時、彼と同じような症状が原因で
サッカーを辞めました。

MRI検査で症状の原因を特定できず、内科を紹介され、血液検査や大腸の
X線検査まで受けたのを覚えています。結局、原因もよく分らず、痛みも
治まりませんでした。
これがトレーナー・治療家を目指すきっかけとなりました。

あれからいろいろと勉強し、今では当時の自分の身体の状態をだいぶ理解できます。
同じ年齢、同じ症状、これも何かの縁なんですかね。
自分の怪我の経験と勉強した知識を、少しでも彼の役に立てたいと思いました。

すとれっち塾で治療と運動指導をしてもうじき3週間になりますが、彼の表情も
だんだんと明るくなってきており、経過は良好です。
これで18歳の自分も成仏できるかな、と昔を思い出しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました