読書2007

読書2007

年末の読書

最近読んだ本を忘れないうちに書きとめておきます。 また時間のある時に感想など書きたいですね。 「自然体の作り方」齋藤孝著 本を開いて一番最初に目に入るイチローの股割の写真と、昭和初期の漁村で 大勢で船を運ぶ写真を見て勝負ありでし...
読書2007

『夢をかなえる象』読書記録

普段はこういった自己啓発本はあまり読まないのですが、知人に勧められた ので読んでみました。インドの象の神様ガネーシャが釈迦やダーウィン、 松下幸之助と友達だという設定がおもしろい。 この設定のおかげで歴史上の人物の格言がぐっと...
読書2007

『斎藤孝の速読術』読書記録

斎藤孝先生の本は参考文献がとても多い。本を執筆するペースもとても速い。 どうしたらこんなにたくさんの本が読めるのだろう。という疑問が この一言でスッキリ解決できたように思う。 私は人間の書いているもので、わからないことはあ...
読書2007

最近の読書『胎児の世界』『走ることについて語るときに僕が語ること』

胎児の世界 三木成夫著 養老孟司、斎藤孝の著書の参考文献として紹介されていたので 読んでみました。 いってみれば、植物のからだは、動物のからだから腸管を一本引っこ 抜いて、それをちょうど袖まくりするように裏返しにひっくり...
読書2007

『人体3DソフトMed:Lips』読書記録

「人体3DソフトMed:Lips」 3Dの身体の筋・骨格を360度の角度から見ることのできるソフトです。 解剖学の本は何冊か持っているのですが、立体のイメージが湧きやすい ので助かりました。 筋・骨格の他にも内蔵や神経も表示でき...
読書2007

『清らかな厭世』読書記録

先日に亡くなられた作詞家の安久悠さんの本です。 「また逢う日まで」、「勝手にしやがれ」、「UFO」、「舟歌」など 昭和歌謡曲の心に残る名曲の作詞を手掛けています。 とても文章の綺麗な本だと感じ、私ももっとしっかりと日本語を学び...
読書2007

『広告コピーってこう書くんだ!読本』読書記録

「yonda?」 「日テレ営業中」 「ガス・パッ・チョ!」 などのコピーを書いたライターの方の本です。 『正論こそサービス精神をもって語ろう』のページより いくらその中身が正しいことでも、上からものを言うような姿勢...
読書2007

『スポーツ解体新書』読書記録

『私とは、私の身体のことである』(メルロ・ポンティ) 『スポーツ解体新書』玉木正之著 朝日文庫 この本を読んで印象に残った言葉です。 『我思う、ゆえに我あり』(デカルト) 『人間は考える葦である』(パスカ...
タイトルとURLをコピーしました