2015年の夏に作ったゴーヤチャンプルーは8皿でした。

2015年の夏に作ったゴーヤチャンプルーは、計8皿でした。(2皿は写真無し)

ゴーヤチャンプルーの苦味が好きになってきましたが歳を食ってきたのでしょうかね。
年齢とともに味覚が変わっていくので面白いです。
美容師さんと「脂っぽいのダメになってきました」とか「メインより薬味が好きです」なんて話して笑ってるこの頃。

木綿豆腐に皿を乗せてを皿の重みで水抜き。
ゴーヤを半分に割って種をスプーンでえぐり取って、ゴーヤをスライス。
塩を振ってアク抜きしてる間に木綿豆腐を切って、卵ほぐして、豚バラを切る。
(いちいち包丁を洗うの面倒だから豚バラは最後。)

豚バラ、ゴーヤ、木綿豆腐を炒め合わせて、最後に卵で閉じて完成。

一番最初に作った一皿が一番美味しかったかもしれない。
豆腐の水抜き、ゴーヤのスライスの厚さを揃えるとか、調味料の分量とかを丁寧にやると、やはり美味い。
忙しい時は細かい工程を飛ばしてしまうし妙なアドリブを入れてしまう。そうするとやはり美味しくない。

時間を気にしないでせかされないで、ちびちびビール飲みながらダラダラ作った一皿が美味しい。キッチンドリンクは1本に換算されないのも魅力的である。

コメント

  1. […] 2015年9月19日 「2015年の夏に作ったゴーヤチャンプルーは8皿でした。」 2015年9月16日 「オープンダイアローグとは何か」鈴木図書館  […]

タイトルとURLをコピーしました