読書2008

『年収崩壊』読書記録

年収の中位数(100人中だったら50番目)の半分以下にしかない年収の人を 「貧困」というそうです2000年時点での調査ではこの貧困率がアメリカに 次いで日本が第2位。 メディアでは格差社会とよく言われていますが、日本の貧困率が...
ランニング

もてぎ100kmの思い出

iTeno CCという自転車を見ていたら自分の写っている写真を見つけました。またレースに出たいなぁ。
読書2008

『文章のみがき方』読書記録

最近読み始めた村上春樹先生や吉本ばなな先生の文章が引用されているのに 目が惹かれて購入しました。 これまで小説家というと身体が弱くて頭でっかちなイメージがあったのですが、 全く違ったようです。 「私は自分で歩いて自分...
自分の物語

里帰り

お正月は新潟へ帰省していました。 新潟県新発田市は、お米とお酒と空気のおいしい素敵なところです。 今年は雪が積もっていて、本当に寒かったです。年末も走ろうと思って シューズを持って行きました...
読書2007

年末の読書

最近読んだ本を忘れないうちに書きとめておきます。 また時間のある時に感想など書きたいですね。 「自然体の作り方」齋藤孝著 本を開いて一番最初に目に入るイチローの股割の写真と、昭和初期の漁村で 大勢で船を運ぶ写真を見て勝負ありでし...
読書2007

『夢をかなえる象』読書記録

普段はこういった自己啓発本はあまり読まないのですが、知人に勧められた ので読んでみました。インドの象の神様ガネーシャが釈迦やダーウィン、 松下幸之助と友達だという設定がおもしろい。 この設定のおかげで歴史上の人物の格言がぐっと...
読書2007

『斎藤孝の速読術』読書記録

斎藤孝先生の本は参考文献がとても多い。本を執筆するペースもとても速い。 どうしたらこんなにたくさんの本が読めるのだろう。という疑問が この一言でスッキリ解決できたように思う。 私は人間の書いているもので、わからないことはあ...
読書2007

最近の読書『胎児の世界』『走ることについて語るときに僕が語ること』

胎児の世界 三木成夫著 養老孟司、斎藤孝の著書の参考文献として紹介されていたので 読んでみました。 いってみれば、植物のからだは、動物のからだから腸管を一本引っこ 抜いて、それをちょうど袖まくりするように裏返しにひっくり...
タイトルとURLをコピーしました