内の倉ダム

スポンサーリンク

K 「このあいださ、嫁さん連れて実家に結婚の報告に行ってきたよ。
   嫁さん、新潟へ行くのは初めてだっていうからさ、
   報告のついでに観光してきた。
   日本海見て、マリンピア水族館行って、古町で買い物して、
   万代橋渡ってイタリアン食べて、内の倉ダム行ってきたよ。」

私 『内の倉ダム?何にも無いじゃん、あんなところ。』

内の倉ダムは、新発田市街から車で20分ほど進んだ山中にあるダムで、
地元の人がバーベキューや釣りを楽しむには良いところだが、
観光地ではない。

K「・・・確かに。何にも無くて自然が奇麗だけれど、新潟に
  初めて来る人に紹介する場所ではないな。 
  そういや、嫁さんのリアクションも微妙だったな。
  なんであんなところに連れていったんだろうな?」

1ヶ月後。

K「なんであの時に内の倉ダムに行ったのか解った気がするよ。
  養老孟司さんの本でさ、
  『自分があと1ヶ月で死ぬ、と解ってから見る桜はどんなに奇麗だろう』
   て文章を読んだら、これだと思った。

  俺さ、小学校の時に1年くらい登校拒否してたじゃない。
  ほとんど外に出ずに引きこもっていた俺を、両親が心配して休みの
  たびに連れ出してくれていた場所が内の倉ダムだったんだよね。

  毎日家に引きこもっていた当時の俺には、内の倉ダムの自然が
  さぞかし奇麗に写っていたんだろうと思うよ。
  
  いつのまにか、無意識のうちに自分にとってとても大切な場所に
  なっていたみたい。中学、高校とイヤなことがあると一人でダムに
  行ってることもあったしね。

  だから、自分の大切な人に、この大切な場所を共有して
  欲しかったんだろうね。

  まぁ、嫁さんはそんなことに気づくわけないわな。万代で食べた
  イタリアンには相当驚いていたけれど。(笑)」

イタリアンは新潟地元特有の「洋風ソースかけ焼きそば」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました