絶対に天狗にならないシステム

スポンサーリンク

仕事場で、お客さんの治療をする。

「どこに行ってもなかなか良くならなかったのに、先生のおかげで
ずいぶん良くなりました!!先生凄いですね~!ありがとうございます。」

『いやいや、別に凄くないですよ。たまたま相性が良かったんでしょうね。』

家で、妻にマッサージする。
「う~ん、気持ち良いね。でもね、もうちょっと右。そこじゃないわよ!
もうちょっと右だって言ってるじゃない!」

『あ、そう。。ごめんね。でも、凄いって言ってくれる人もいるんだよ。。。
いやホントにね。。』

全然、全く天狗になれない。ちょうど良いんだろうけれど、少し悲しい。

コメント

  1. わいふ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    心外です。
    「もう少し右押してみてもらえる?そう、そこ最高に良い感じ!さすが!(ワタシ)」
    家訓「さりげない気遣い」

タイトルとURLをコピーしました