じじばばの機能

スポンサーリンク

じじばばに、赤ん坊のころに抱いてあやしてもらった。

祖父は将棋を、祖母はお手玉や折り紙を教えてくれた。
将棋の勝ち負けは全く覚えていないが楽しかった。
相撲をとって遊んでくれた。全然かなわなかった。
肩車してくれた。
一緒に出かけると、まだ小さくて歩くのが遅い自分にいつも歩調を
合わせてくれた。
見上げると、優しい顔で見守ってくれていた。

成長して、いつの間にか祖父の伸長を追い越した。
一緒に出かけると、足腰の弱くなった祖父に歩調を合わせるようになった。
大丈夫か?と祖父の顔を見降ろして確認する。
相撲は、小学校の高学年くらいで負けなくなった。
年々、祖父はだんだんと軽くなっていく。

今は自分が姪を肩車している。
実家に帰って祖父と話す。まだ元気ではっきりと話すが、これから段々と
頭と舌が回らなくなってくるだろう。死んだ曾祖父がそうだった。

でも、自分に話しかけてくれることが嬉しいと思いたいし、意味は解らなく
ても聞く事そのものに意味を感じたい。祖父は、まだ言葉を覚えたての、
よく解らない自分の話を聞いてくれていたが、きっとそんな気持ち
だっただろう。

死んだ曾祖母は、死ぬ間際には自分のことを忘れてしまっていた。
学校から帰り、寝たきりの曾祖母のところに「ただいま!」と声をかけると、
「どなたさまで?」と返され泣いてしまった。体力が衰え、自分でトイレに
行けなくなり、オムツをするようになった。

泣いている自分に母が、「歳をとるとね、最後はみんな赤ん坊に戻るんだよ。」
と優しくなだめてくれた。

親子の年齢差だと気づけないことが、孫とじじばばの間にはたくさん
あると思うんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました