『知に働けば蔵が立つ』読書記録

 親の一方が英語話者で、家では英語と日本語をバイリンガルに
しゃべっているという子どもが『英語で読み書きする』教科で
ハイスコアを取るのを見て、たいていの人は『それはあまり
フェアな競争ではない』というふうに考える。
 しかし、親が『すぐれた日本語話者』である子どもが
『日本語で読み書きする』教科でハイスコアを取ることを
『フェアな競争ではない』と考える人はほとんどいない。
 それは『日本人は誰でも同じように日本語が使える』と
みんなが信じているからである。少し考えれば、そんな
ことありえないということに誰でも気づくはずなのに。
~    

『知に働けば蔵が立つ』 内田樹 著 より

自分自身の感情から言葉がポッと生み出されるわけではなく、既存の日本語に
自分の感情がスッとリンクしていく。
ボキャ貧だと自分の感情を表現できないし、相手に気持ちを上手く伝え
られないので本当に苦しい。

僕も昔から自分の気持ちを言葉で表現するのが苦手で、自分の気持ちを
スポーツや日常の行動に乗せて示すことが多かった。

日本語を上手く使えなかったからだと思う。
今は徐々に両方できるようになってきたのでちょっと楽。

コメント

タイトルとURLをコピーしました