作業を効率化して時間を絞り出そう『最速の仕事術はプログラマーが知っている』

「時間が欲しい!」

やりたいことがたくさんあるのに、いくら時間があっても足りません。
(やっと時間ができた時は深酒して寝てしまっているパターンが少なくない気がしますが。。)
過去にも書いてますが、日常、家事、仕事でまだまだ断捨離とデフラグが必要なこの頃です。

時間を作る方法(ブログ内過去記事)

もっと事務作業を効率化して、治療や指導の方に専念したい。
そんな時に見つけた一冊でした。

 プログラミングの世界にはDRY原則という言葉がある。Don’t Repeat Yourself. 同じことを繰り返すな、 という意味だ。プログラマーは同じことを繰り返すのが嫌いだが、コピペは好きだ。

最速の仕事術はプログラマーが知っているより

悪いコピペと良いコピペがありますが、良いコピペは積極的に使った方が良いです。

メールで『よく使う文を署名に入れる』や、よく使う文面を『辞書登録』するなど、とても参考になりました。

自分は全然パソコンを使いこなせてなくて、この本をきっかけに色々と調べるようになりました。ネット上にはメールや、サイト作成や運営でも便利な方法がたくさん紹介されています。

各プロパイダのメール(自分の場合はSAKURAインターネットのアドレス)をG-mailで送受信する方法や、G-mailを予約送信する方法なども調べて活用するようになりました。

「また、同じ作業してるな〜」とか、「ここの作業は面倒くさいな〜」なんて自分が感じたら、たいてい他の人も同じ悩みを感じていて解決方法をネットで紹介してくれています。

Don’t Repeat Yourself. 同じことを繰り返すな

という言葉を忘れずに、色々とネットで調べてみると良いかもしれません。
あくまでも「手がかり」としてですが。

Web検索はあくまでも「重要な情報」にたどり着くための手がかりとして利用する。
最速の仕事術はプログラマーが知っているより

本当に重要な情報は、インターネットには落ちていない。インターネットに公開されている情報は、公開者がそれなりの金銭的・時間的コストを支払って公開しているものだけである。ということは、インターネットに公開されている情報は、情報の受信者のためではなく、情報の発信者のために作られているのだ。だからそこだけを見ていてはなかなか本当に価値ある情報にたどり着くことはできない。むしろインターネットとは、すべてが広告や宣伝のために発信されている情報なのである。しかし情報を積極的に発信していくと、不思議と情報が集まってくるようになる。 だからみんなが情報発信のためにブログやWebページを公開するのだ。
最速の仕事術はプログラマーが知っているより

タイトルとURLをコピーしました