『スポーツ解体新書』読書記録

『私とは、私の身体のことである』(メルロ・ポンティ)

『スポーツ解体新書』玉木正之著 朝日文庫

この本を読んで印象に残った言葉です。

『我思う、ゆえに我あり』(デカルト)

『人間は考える葦である』(パスカル)

といった身体よりも思考(精神)を重視した考え方と

私とは、私の身体のことである』(メルロ・ポンティ)

肉体はひとつの大きな理性である』(ニーチェ)

といった身体を精神と並ぶ重要なものだという考え方があり、時代によって
流行り?があるようです。私はメルロ・ポンティの考え方が好きです。

養老猛司先生や斉藤孝先生、内田樹先生、河合隼雄先生
の本を読むのが好きです。きっとみんな同じことを言っているんだと思います。

コメント

  1. さの より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    僕の得意技は幽体離脱です…

  2. suzuki より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    さのさん
    コメントありがとうございます。
    抜け出すのは勝手ですが、間違っても私のところには現れないでくださいね!
    PT病院実習がんばってください。

タイトルとURLをコピーしました