『私塾のすすめ』読書記録

スポンサーリンク

ひとつにはできるだけ多くの情報を大量に自分のからだに流し込んで、
自分がフィルターになって、残るものは残るだろうというやりかた。

もうひとつは、精読主義というか、特定の本をぐっと読み込む
という作業。

『私塾のすすめ』 斎藤孝/梅田望夫 著

今の僕は完全に多読主義ですね。
多読をしていると、何冊かの本に共通する、重要な情報が浮かび
上がってきます。
これをすくい上げるとういう感覚が好きです。

梅田さんのロールモデル(お手本)の1人が村上春樹さんだというのが
意外で驚きました。
デジタルなイメージの梅田さんですが、実はアナログ作業の積み重ねに
よって出来あがっているんですね。
面白い本を読んで、著者のロールモデルをさかのぼっていくのって
とても楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました