『世界の中の日本』読書記録

スポンサーリンク

司馬  
『日本人は断定を嫌って、語尾をあいまいにしてまわりの
 様子を見ます。』

キーン 
『西洋人として聞きたがるのは、「である」か「でない」かの
 どちらかです。「であろう」という場合は何パーセントの推測
 なのか、それを聞きたいところですが、日本人としては、それを
 ぼかすことが日本語そのものだと思っている。
 ~
 日本語では、はっきりと線を引いて、これは悪とか善とか、
 あまり言いたくない。』

司馬 
『「と思われる」とかね。だれが思っているのか知りませんが。』

キーン
『「ないこともない」とか(笑)。』

『世界の中の日本』 司馬遼太郎 ドナルド・キーン 著

たしか河合隼雄先生の本で、日本人は会話で同調を楽しむ、
西洋人は違いを楽しむ、ということを書いていました。
両方を楽しめるようになりたいですね。
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました