『日本人と日本文化』読書記録

スポンサーリンク

キーン 
『日本人が長い歴史のなかでいちばん巧妙にしたことは、外国文化の
 なかからもっとも日本にふさわしいものを選択することだった。
 たとえば徳川時代の日本人の生活からいうと、生まれたときに、
 生まれたことをまず新道の神々に告げ、そして結婚式も新道ですが、
 普段の生活は儒教で、死ぬときは仏教的な法事が行われた。』

『日本人と日本文化』 司馬遼太郎 ドナルド・キーン 著

ちなみに新道、儒教、仏教の原理は、まったく矛盾したものだそうです。
日本人の柔軟さ、あいまいさ、適当さ(良い意味で?)が解りますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました