『正義で地球は救えない』読書記録


『ほんとうの環境問題』に続く2冊目。
養老先生が巻末にダライ・ラマ十四世の言葉を紹介
していて、それを読んだら思わず涙が出そうになった。

『正義で地球は救えない』 池田清彦 養老孟司 著

『 家は大きくなったが、家族は減った。
 どんどん便利になったが、余暇は減った。
 学位はとったが、感性は鈍った。
 知識は増えたが、判断ができなくなった。
 専門家が増えた分だけ、問題も増えた。
 薬は増えたが、健康だと思う人は減った。
 月まで行って帰ってくるが、向かいの人に会いに行くのに、
 道を横断するのも大変になった。
 
 量は増えたが、質は下がった。
 背は高くなったが、気は短くなった。
 大儲けはできたが、人間関係は疎遠になった。
 窓にはたくさんのものが飾ってある時代だが、
 貯蔵庫は空っぽだ。』

コメント

タイトルとURLをコピーしました