『発声と身体のレッスン』読書記録


「ハミングレッスン」が楽しい。

さて、いよいよ響きを楽しみます。
口を閉じて『ん~』とハミングしてください。
そのまま、鼻をさわります。意識して、鼻に振動を集めてみましょう。
イメージですが、ハミングしながら、鼻を震わせるぞ、と思うのです。
うまくいけば、鼻が振動して、むずがゆくなります。
その感覚を楽しんでください。

「発声と身体のレッスン」  鴻上尚史 著

(このレッスンでは、鼻の他に、くちびる、頭、ノド、胸に振動を集める練習を
行う。)
内田樹先生も、発声は身体全体のバイブレーションだ、と何かの本で言って
いた気がする。この本を読んで、自分も話をする時には、自分の身体の
振動感や声の方向・大きさを意識するように心がけるようになった。

自分の声を、自分の身体の振動を、相手の身体に響かせて伝え合うのが
会話というコミニュケーションなのだと思う。

赤ん坊に甘い声で話しかけるのは、赤ん坊の皮膚はまだ薄いから、優しく
響かせてあげないといけないんだな、と最近気づいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました