「人はなぜ『美しい』がわかるのか」読書記録

『美しい』とは、『合理的な出来上がり方をしているものを見たり
聴いたりした時に生まれる感動』です。

たとえば、すぐれたスポーツ選手の動きは『美しいフォーム』に
なります。

「人はなぜ『美しい』がわかるのか」 橋本治 著

人間は『合理的』が好きで、『合理的』という言葉で説明される
ことが好きなようですが、私は、そんな面倒なことしないで、
『そういうもんはそういうもんだ』という納得をしてしまう方が
好きです。

なぜ夕焼けは美しいのか?―この答は、『そういうもんだから』です。
『太陽が傾いた時に空の色をあかくするのは、空本来のあり方に
おいて合理的だ』という考え方には無理があります。

前出より

自分が『美しい』と思うことを人に語るということは、
『それを”美しい”と思う自分を理解し、共有してもらいたい』
と思うことですから、

それはなんらかの愛情表現です。

前出より

介入せずに保護して、その相手の中に『なにか』が育つのを
待つというのが愛情か―と思いました。

前出より

橋本さんの思考が途切れない息の長さに驚嘆してしまう。
たまに話がぶっ飛ぶし、科学的データのある話ではないのですが面白いです。
橋本さんの本を読むと、頭の中を掻き回されて、物事を色々な角度から
見れるようになると思う。

ハウツー本の真逆をいく本なので、すぐに役に立つことはありませんが、
後々に良い影響を与えてくれる本だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました