オデコ②

僕の友人S田はオデコが上がってきた。
彼にはいっとき風呂上がりで濡れた頭をティッシュで拭くという悪習があり、
そのせいで毛穴にティッシュが詰まってしまっではないかと僕は推測している。

エコブームの日本において、当時の彼はそうとう自然に優しくないヤツ
だった。彼の使用した大量のティッシュのせいで、どこかの森が一つ
消えてしまったかもしれない、なんて考えると不謹慎だが少し笑ってしまう。

今年のお盆にS田が10年ぶりに新潟の僕の実家に遊びに来た。
S田とは中学校からの付き合いなので、僕の両親とも顔馴染みだ。
僕の両親は久しぶりにS田の顔を見るのを楽しみにしていた。

玄関で、

母  「あら~、S・・・・田クン久しぶりね~。元気だった?」
S田 「・・・お久しぶりです。はい、東京で元気にやってますよ。」

部屋にあがって、

S田 「お前の母ちゃん、あいさつの・・・の時にオレの目から視線を
    反らしてオデコ見やがったな!腹立つ~っ!」
僕  「10年も経つからね。。いろいろ驚いたんだと思うよ。スマン。」

一瞬の出来事だったが、母の視線が

S田の目→おでこ→S田の目

に移動したのが僕にも見てとれて笑ってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました