『挑戦だけがチャンスをつくる』読書記録

「私の夢の設定というのは決まっていて、『これ以上やったら鼻血が
出て倒れる』というところの、もうちょっと上なんです。(渡邉美樹)」

「仕事のできる方というのは、相手がよく知らない分野のことでも、
相手のレベルを想定しながらその人にもわかるよう説明することが
できるんです。(古田英明)」

「なんとなく感じていたことが、ある人の言葉や文章によって、
くっきりと心に像を結ぶと、わたしたちは『目から鱗が落ちる』とい
う状態を経験する。(村上龍)」

「つまり正統で正統な危機感を持って科学的努力を継続させ成功して
いる人ほど、自分が成功したとは自覚していない、ということになる。
(村上龍)」

「挑戦だけがチャンスをつくる」 カンブリア宮殿 村上龍×経済人

経営者の方とお話をすると、いつもその仕事の量の多さに驚かされる。
自分よりも質の高い仕事を、自分より大量にこなしている。
常に量をこなしているから、また質が上がっていく。
そりゃ利益が上がるよな、と素直に納得してしまう。こんな人の前では、
時間が無いとか忙しいだなんて言葉は、とても口に出せない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました