『読まない力』読書記録

大義なんて、馬鹿みたいなものである。
しかし、それが消えた世界には暴力がはびこる。

『なにが正しいか』、大義が消えた世界では、
それは『だれが正しいか』に置き換わる。
『だれが正しいか』なら、『腕力がものをいう』のである。

「読まない力」 養老孟司 著

大義なんて守ってもあまり得をしないから誰も守らなくなった。
誰よりも早く自分がで正義」を叫び、腕力でそれを正当化する。

世の中、「損得」以外の基準でものごとを測ることが段々と
少なくなっている気がする。
もちろん自分も。気をつけよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました