『下流社会第2章』読書記録


データの読み取り方に多少強引さを感じる部分もありますが、
書いていることを鵜呑みにしなければ、著者の見解も面白いと思います。
『自分探しは作られたブームである』という項目が面白かったです。

また興味深いのは、どの階層意識の男性でも、年齢が上昇する
ほど「以上のようなことは考えたことがない」という回答が
増える点である。

つまり、世代が上であるほど、自分探しなんて考えたことが
ないという人が多いのである。

『下流社会第2章』 三浦展 著

「自分探しブーム」に拍車をかけたのが、「やりがい」、
「好きを仕事にする」、「私らしく働く」といったメッセージを発する
就職情報メディアだと著者は言っています。

世の中に発せられている情報には、発信する人の意図が込められています。
インターネットなどの普及により情報が増え便利になりましたが、情報を
読み取るのも大変ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました