『生物学個人授業』読書記録

スポンサーリンク


『個人授業』シリーズ面白いです。
生物学者の岡田先生にとっての『生きもの』とはこのようなものだそうです。

生きものとは、自らの故障を自らで見つけ、自らで治療する
ようなしなやかさをもったシステムである。

生物学個人授業』 岡田節人 南伸坊 著

この『しなやかさ』こそが岡田先生をとらえてやまない『生きものの魅力』
だそうです。
仕事で治療や運動指導を行っていますが、患者さんやクライアントさんに
最も身につけてほしいのはこの『しなやかさ』だと考えています。

『生き物』じゃなくて、『生きもの』と表現する岡田先生は本当に生きものが
好きなんだな、と好感を持ちました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました