『橋本治と内田樹』読書記録

スポンサーリンク

ものすごく頭を使う人は、毎日判で捺したような同じことを繰り返す
ような生活になるんじゃないかと思って。
だって、いろんなことが毎日変化してると、それに対応するのに
けっこう頭のエネルギーを使うじゃないですか。
だから知的パフォーマンスを最高値に高止まりさせたい人は、生活上
の変化を嫌うんですよ。ご飯も同じメニューでいいし、散歩のコース
も毎日同じじゃないと困る、変化するとそれに対応するために、
それなりに知的リソースを割かないといけないから。

「橋本治と内田樹」 橋本治 内田樹著

僕の先生は、毎日上下ともジャージを着ていた。
弁当箱に白米を詰めこみ、白米の上に海苔を敷いている。これに納豆をのせて、
一緒にキムチを食べる、というのが先生の毎日の昼食だった。

ここ2年くらいはお会いしていないけれど、僕が専門学校の学生だった時からの
8年間は毎日ジャージを着て、納豆を食べている姿しか見たことがない。
きっと僕が先生と出会う前からそうだったのだろうし、今でもそうなのだろう
と思う。

本当に毎日ジャージ姿なので、先生に「冠婚葬祭の時は何を着るんですか?」
なんて質問をする選手が多かった。
先生は「冠婚葬祭用のジャージがあるんだよ。」と答えていたが、さすがに
それはウソだった。

先生が服装と食事を変えない理由が少しだけ解った気がする。
相手に失礼のない服装はするし、栄養のとれる食事はするけれど、
自分も以前に比べると、服装や食事にはこだわらなくなってきた。
あんまり同じ服装を続けていると怒られるけれど、それぐらいが
調度良いのかな、と最近思うようになってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました